2012.03.12更新

根幹治療は大きく分けて2種類あります。

一つは 虫歯が大きくて神経を抜く根の治療と、もう一つは以前に根の治療を行った歯の根の治療をやり直す場合です。

虫歯をとり、ファイルという針のような器具を用いて根の管の中をきれいにしていきます。根の中がきれいになったらガッタパーチャという薬を用いて管の中に詰めていきます。

根幹治療はやり直す場合は特にそうですが、1本の歯で数回かかることが多いです。大臼歯な奥歯は1本の歯で根の管が2-3本ありますので1本の歯の治療で数回かかるでしょう。

投稿者: 吉川デンタルクリニック