2012.03.12更新

根管治療(根の治療)を行った歯は基本的にかぶせる治療になります。かぶせの内側には土台を入れる必要がありますので、土台を作るために型取りをします。

土台を入れるために歯の形を整え、型を取ります。

土台を入れた後は、もう一度形を整え、かぶせを作るための型取りをします。

前歯をセラミッククラウンでかぶせる場合は、見た目の美しさを考慮し、グラスファイバーで土台を作ります。

奥歯の土台は、金属アレルギーのある方などは別ですが、基本的に金属で作ります。

投稿者: 吉川デンタルクリニック