2012.03.12更新

根管治療(根の治療)を行った歯は基本的にかぶせる治療になります。かぶせの内側には土台を入れる必要がありますので、土台を作るために型取りをします。

土台を入れるために歯の形を整え、型を取ります。

土台を入れた後は、もう一度形を整え、かぶせを作るための型取りをします。

前歯をセラミッククラウンでかぶせる場合は、見た目の美しさを考慮し、グラスファイバーで土台を作ります。

奥歯の土台は、金属アレルギーのある方などは別ですが、基本的に金属で作ります。

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.03.12更新

根幹治療は大きく分けて2種類あります。

一つは 虫歯が大きくて神経を抜く根の治療と、もう一つは以前に根の治療を行った歯の根の治療をやり直す場合です。

虫歯をとり、ファイルという針のような器具を用いて根の管の中をきれいにしていきます。根の中がきれいになったらガッタパーチャという薬を用いて管の中に詰めていきます。

根幹治療はやり直す場合は特にそうですが、1本の歯で数回かかることが多いです。大臼歯な奥歯は1本の歯で根の管が2-3本ありますので1本の歯の治療で数回かかるでしょう。

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.03.12更新

神経を抜いた後、根の治療を進めていけば痛みは取れてきます。根の中にお薬を詰めた後や、元々痛みが出ていた歯の根の治療後は一過性に痛みが出やすいでしょう。

投稿者: 吉川デンタルクリニック