2012.07.30更新

 顎咬合学会に参加させていただくのは3回目でしたが、やはり参加者が多く活気のある学会でした。

 今回聴いた講演の中で特に勉強になったのは、歯科衛生士の加藤久子先生の「補綴修復物へのSRPとメインテナンス」というお話でした。補綴物が装着されている歯に対してSRPを行うときには、クラウンマージンが存在することによって、天然歯へのSRPよりも配慮が必要な点が多くなります。
教えていただいた配慮する点は、
・ 歯肉にダメージを与えないこと
・ 歯肉退縮を起こさないようにする
・ 補綴物にダメージを与えないこと
・ 根面へのオーバーインスツルメントに気をつける
・ 知覚過敏を起こさないようにする
と、いうことでした。
このことを配慮し上手くSRPを行うためには、インスツルメントの選択も重要だということをおっしゃっていました。
 まず、キュレットの近心・遠心用には11/12番13/14番を使用していますが、これは遥か昔の立位診療だった時代につくられたものであり、座位診療用には15/16番・17/18番が適しており、より効果的にSRPが行えるということ。
 そして、探針は11/12番を使用して、歯頸部の状態を把握すること。キュレットの刃の長さは、ミニファイブやマイクロミニファイブが適しているということでした。
 このように、加藤先生のお話は臨床ですぐに活かせるポイントばかりでしたので、とても役立っています。

 また、今回は吉川院長の発表もありました。講演の中で、先輩衛生士から引き継いで担当させていただいている患者さんの症例が登場し、初診時の状態から現在までを追って見て、改めて二十数年という長期症例の素晴らしさを感じることができました。それらの方々が、この先もずっとメンテナンスに来院して頂き、いい状態を保ち続けて頂くために、衛生士として成長し、頑張っていきたいと思いました。

平成24年7月30日
歯科衛生士 福嶋 ひろ美

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.07.17更新

こんにちは、歯科医師の白江です。
梅雨末期の長雨でじめじめした日が続いていますが、ブログをご覧の皆様はお変わりありませんでしょうか。

今回は顎関節症について少しお話します。
顎関節は左右の耳の穴の前にあるその名のとおり、あごの関節です。
顎関節は関節窩と呼ばれる骨のくぼみに下顎骨の一部である下顎頭が入り込み、骨、関節円板という軟組織、周囲の筋肉とがダイナミックに協調運動して口を開けたり閉じたりする働きをしています。
顎関節は何かしらの原因で骨、筋肉、軟組織のどれかひとつでも傷害されると機能が低下し、顎関節症となります。
顎関節症の原因ははっきりしていないところもありますが、夜間睡眠時の歯軋り、咬みしめは顎に負担をきたし、顎関節症を発症しやすくなるといわれています。精神的にストレスがたまっていたり咬み合わせが悪いと歯軋りや咬みしめをしやすくなります。

顎関節症の3大症状として
① 口が開きにくい
② 口を開けると音がする
③ 口を開けると痛みがある

があります。どれかひとつでもあてはまれば顎関節症の可能性があります。
どんな疾患でもそうですが、顎関節症も早期に治療を行えば比較的治りやすいことも多いです。お心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

2012.7.17 Dr.Shirae  

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.07.11更新

吉川デンタルクリニックのフェイスブックページに、チェックインクーポンを発行しました。

吉川デンタルクリニックにお越しいただいた方が、チェックインをしていただくと



このようなクーポンが発行されますので
受付でご提示くださいませ。

歯ブラシ

歯ブラシを1本プレゼントさせていただきます。

そして、是非いいね を宜しくお願いいたしますhappy01
https://www.facebook.com/yoshikawa.dental

2012.7.10 Miura  

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.07.10更新

歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」を導入しました。
メーカーサイトへ

これにより、吉川デンタルクリニックの治療水は、常に衛生的な状態に保たれます。

「ポセイドン」は、
人と自然に優しい電解中性機械水を
歯科ユニットや医院全体に通水させることにより
医院の水配管内の最近などの繁殖を抑え、治療環境を
衛生的に保つためのシステムです。

~院長からのメッセージ~
せっかくお口の中をきれいにしていただくために、
お越しいただいているのですから、治療する水だって
『最高のもの』を使いたい。
そう思って導入したのが、この『ポセイドン』。
治療の時も、医院がお休みの時も、
常にデンタルユニット内を衛生的に保っているので、
いつだって安心して治療を受けていただけます。
吉川デンタルクリニックの『こだわり』です。

画像をクリックすると、拡大します。



投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.07.06更新

今回6月9日と10日の2日間に渡って東京国際フォーラムで行われた日本顎咬合学会に参加させて頂きました。
わたしは日本顎咬合学会に参加するのは初めてで、まず人の多さと会場の広さに圧倒されました。
しかし、このような大きな学会に参加できたことは私自身すごいことなんだと終わってから改めて実感しました。
この2日間で歯科衛生士と歯科医師の講演を聞かせて頂いたり歯科器材などの展示を見させて頂きました。
特に補綴修復物へのSRPとメインテナンスについての講演は今の自分を見直す機会にもなり今後にも繋がる講演で、とても勉強になりました。
例えば、ブリッジのポンティックにも4種類あります。スーパーフロスが通るものもあれば通らないものもあります。
あと歯間ブラシにも3種類の形があったり、植毛部の断面も丸と三角があったりします。
ホームケアグッズもたくさんある中で患者様の口腔内にあったものをしっかり選ぶこともとても大切だと思いました。
そしてSRPのとき歯石の有無などの触知には最近11/12の探針を使用する衛生士が増えているということでした。
このように歯科衛生士が最近ではどういうものを使用しているのか、どんな新しい器材が出ているのかを実際に見て知ることもできたのはよかったなと思います。
今回のようなとても大きな学会に参加でき、最初は圧倒されましたが、私自身にとても刺激になりました。
この2日間いろいろ勉強になりました。
また今後の臨床に活かしていきたいと思います。

平成24年6月24日
歯科衛生士 杉本 茉矢

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.07.06更新

今回は大きな学会で、聴きたい講演や伺いたい企業ブースをピックアップし効率よく回ることが出来た。
特に注目していた「補綴修復物へのSRPとメインテナンス」というテーブルクリニックは大盛況で、
私達も立ち見でメモを片手に拝聴した。Drが口腔内の調和や機能回復を考えて形成し、
技工士が美しく機能的な補綴物を作製する。それらを長期的かつ低侵襲で維持できるか否かは衛生士にかかってくる。
歯ブラシからスケーラーまで個々の選択目線や基本的手技をデモンストレーションを交えて教えて頂いた。
学校で習った基本通りの事もあれば、目から鱗の様な新発見もあったので、やはり最新=良いではなくエビデンスに基づいた
審美眼を持って取捨選択していくことが大切だと改めて実感した。

2日目最後に院長の講演があり、私は初めて聴かせて頂いた。どのような理念で治療に臨んでいるか、実際の手技でのポイントなど
普段細切れで聞いていたことが1つのプレゼンテーションとして聴く事ができ、プレゼンの仕方やチームとしての目指すべき方向性が再確認できた。

やはり大きな学会は様々な点で刺激的であり、普段の自身の臨床を振り返りアップデートする機会となるので今後も出来る限り参加したい。

平成24年6月15日
歯科衛生士 福島花明

投稿者: 吉川デンタルクリニック