2012.12.26更新

 12月1日、2日に名古屋国際会議場において第19回JIADS総会・学術大会が開催されました。学術大会の歯科衛生士セッションにおいて、当院の歯科衛生士の4人全員がリレー形式で講演発表しました。今回の発表は吉川デンタルクリニックの医院システムの紹介だったので、発表のスタッフだけでなく医院のスタッフ全員で学会に参加しました。
 今回、学会にスタッフが全員揃って参加するという機会に恵まれ、学会の中でスタッフそれぞれが普段の臨床で我々が目指している事の確認や、他の診療所のシステムを聴く事で医院の参考になる事もたくさん有ったと感じています。
 発表をした衛生士の大西俊子、福島花明、福嶋ひろ美、杉本茉矢、お疲れ様。学会で発表を聴いて頂いた方々から「吉川デンタルクリニックの発表は良かった。」と高い評価を頂きました。これも診療終了後、終電を気にしながら遅くまで学会発表の準備をみんなが本当に頑張ってきたおかげだと思います。
 それぞれのスタッフが学会の空気に触れ、日常臨床に活かせる課題やアイデアを獲得でき、仕事に対するモチベーションも上がったと感じています。この学会にスタッフ全員で参加できたことは、医院にとってもスタッフ一人一人にとっても大変意義深く、これからの仕事、診療においてのひとつのターニングポイントになると確信しています。

平成24年12月16日
院長 吉川宏一

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.26更新

 初めて学会に出て感じたことは、ジアズのグループが、かなりまとまっていること、ドクター衛生士が、かなり来られてて、ものすごく勉強されてる方が、多く制激をうけて、自分も頑張らないといけないと感じ、宮本先生が、言われた言葉が、忘れられません。日々勉強なにごともそうだと感じました。
 発表については、患者さんに満足して、いただくために初診時応急処置して、治療計画の話しして、納得して、いただいてから治療スタートする。患者さんの不安を取り除いてからの治療すごく大事なことだなぁとあらためて、感じました。発表することは、準備が、すごく時間が、かかることその発表を聞いて、ドクター、衛生士、助手、受付、コーディネーター、技工士、このチームワークの大切さどれかかけてもいけないことをすごく感じました。
 今後の仕事には、受付をしているので、患者さんに安心して、通っていただきたい、不安なことは、なんでも言っていただきたい思いがあるので、笑顔でめくばり気配りをもとに頑張りたいとおもいます。

平成24年12月16日
受付 城谷真由美

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

今回12月1・2日と2日間に渡り、名古屋国際会議場で行われたJIADS総会に参加させて頂きました。そして、私達歯科衛生士3人とコーディネーターを含めた4人で医院のシステムについて発表をさせて頂きました。
 発表をすることは私自身、初めての経験でした。
 とても緊張しましたが、みんなで頑張って準備をしてきたので、無事に終えることができました。
 今回の経験は、私にとって自信にも繋がり、いい刺激となりました。衛生士として少し成長できたような気がします。
 発表を通して、改めてスタッフとの連携や患者様とのコミュニケーションの大切さを実感しました。
 今後はもっと患者様に信頼してもらえる衛生士になれるように日々の臨床に取り組んでいきたいと思います。そして、衛生士として少しでも成長した姿を見せられるように頑張っていきたいと思います。

平成24年12月16日
歯科衛生士 杉本茉矢

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

先日の12月1日に名古屋で第19回JIADS総会・学術学会にスタッフ全員で参加して来ました。

 午前はDr,Marc Nevinsの講演を聴き、午後からは当院の衛生士の講演がありました。


 コーディネーターと衛生士3人のリレー形式で、医院の治療方針や具体的な治療・メンテナンスの流れについての発表でした。
 朝早くからと診療が終わってから夜遅くまで集まって制作していたのを見てきたので、講演が無事終わり本当にお疲れさまでしたと言いたくなりました。

 その他にも他院の衛生士セッションを拝聴しました。どういう診療をされているのか興味深く聞かせて頂き、患者さまに対しての対応や接し方などこれからの参考にもなりました。

 今回学会に初めて参加させて頂いたのですが、自分自身のモチベーションアップと刺激にもなりましたし、こうして学会で他院と交流して情報交換をする事はとても大切な事だなと感じました。

 私は歯科助手として技術アップを目指す事と患者さまが快適に診療を受けて頂ける為により一層気を配り、ありがとうと笑顔で言って頂けるようまた明日からも頑張って行きたいと思います。

平成24年12月16日
歯科助手 渡邊香月

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

 2012.12.1(土)、2(日)にJIADS総会・学術大会が開催され、1日目に参加させて頂きました。
 このような学会に参加させて頂いたのは初めてだったので、貴重な経験をすることができました。マーク ネビンス先生の英語と通訳での講演で難しくもありましたが、再生療法やインプラントを埋入するだけてはなく、審美的にも優れ、患者様の負担も少なく処置できることや、レーザを用いた歯周外科など、歯科治療はどんどん進歩していくのだなと感じました。同時に新しい知識を知ることは楽しくもありました。
 インプラント処置、歯周治療の外科処置は怖い、治療費が高額などのイメージがありますがこのような治療が一般的になっていけば、いいのになと思いました。
 
 今回、衛生士セクションでは吉川デンタルクリニックの衛生士、コーディネーターが「当院での取り組み」について発表しました。すごく時間をかけ、何度も構成をねり、遅くまで頑張っていたことを知っているだけに、聞き終わった時は本当にお疲れさまでしたという思いでした。
 もちろん、症例も発表の内容も知っていましたが、事前の練習で聞いた時よりもさらによくなっていて、新鮮な気持ちで聞くことができ、聞きやすく、わかりやすかったです。 周りの方もメモをとっていたりして、自分達の医院で普段行なっている診療が少しでも参考にして頂けるのかなと思い、聞いている側でしたが、嬉しく思いました。
 また、他院の発表も聞くことができ、刺激になりました。他院のことを知る機会は貴重であると感じ、今後の診療にも生かしていけたらと思いました。
 現在、歯科の数はコンビニよりも多いと言われています。多くある歯科医院ですが、医院によってもやり方は様々です。その中で、どれだけ患者様に受け入れて頂ける医院の個性があるかが大事だと思います。
 新しい技術の進歩、歯科の情報など様々なことを患者様はネットなどで知る機会が増えました。それだけに、自分自身も、知識を増やしていかなくてはいけません。なので、このような学会参加は自分にとって、医院にとって、今後にプラスにしていきたいと思いました。   

平成24年12月17日
歯科助手 藤尾沙樹

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

12月1日、名古屋国際会議場で行われたJIADS総会に参加させて頂きました。全国から歯科関係者の方々が集まっており、私にとって初めての学会ということもあり、その規模の大きさに圧倒されました。アメリカから来られた講師の先生の講義、各地の衛生士の発表、それぞれを熱心に聞いておられる同業の方々を目の当たりにし、とても気が引き締まる思いでした。
そんな中、当院の衛生士4名が発表を行いました。内容は「longevity」(永続性)をキーワードにした当院のシステムについてです。歯科医師、衛生士、歯科助手、受付、スタッフ。全てのセクションが一つの目標に向かい、努力することがなくては、患者様のお口の健康の永続性を守ることはできません。誰か一人が努力しても何の意味もないのです。当院衛生士の発表を聞き、改めて私自身、その大切な歯車の一部であることを強く自覚し、患者様のための日々の努力、またチームワークの大切さを改めて気づかせて頂きました。
毎日夜遅くまで発表準備を頑張って下さった院長、衛生士さん達、お疲れ様でした。そして新人の私にもこのような貴重な機会を与えて下さった先生方、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

平成24年12月17日
歯科助手 山下真未子

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

今回私は12月1日のJIADSの総会に参加させていただきました。学会に参加するのが初めてで、スタッフ全員での参加でスタッフの発表も聴くことができ、とても貴重な経験をさせていただきました。普段は自分の歯科医院で毎日仕事に取り組み、患者様をケアできるように頑張っていますが、このような場に行くと、本当に多くの歯科関係者の方々が同じように真摯にそして真剣に患者様と向き合い、治療に取り組んでいらっしゃるのを実際目の当たりにして、私も今のままで満足せず、これからも学び続けていくことが重要だと改めて思いました。
そして患者様と歯科医院の目的は同じで"口腔内をよくしたい"だということを実感を持って再認識でき、スタッフの1人として自分に何ができるのか考え、実行していきたいと思いました。

平成24年12月17日
歯科助手 杉本奈穂

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

 先日の12月1日にJIADS総会・学術大会にて吉川デンタルクリニックでの医院での取り組みを発表することになりました。
私の担当しているコーディネーターの役割もその中で発表することとなり、あとの3名の衛生士と共に、さまざまな意見を出し合った結果、今回私たちの医院の特化しているところ、重きを置いているところは何か、それを皆さんにお伝えしたいということになりました。
「コーディネーターって何をされる方ですか?」と初めてお会いした患者さんに時折尋ねられることがあります。無理もありません。従来の歯科医院ではだいたいドクターが診療室で少し治療の方向性だけ話して、患者さんはそれに従い、ひたすら治療終了日まで通院するという形が普通でした。しかし患者さんの今日までに至る背景、価値観、そして現在の歯科治療の情報などをほとんど知らないまま治療を進めていくと、結果的に患者さんに満足していただくこと、また永続的なお口の健康を維持することは難しいと私たちの医院は考えています。そこでコーディネーターがまずカウンセリングや適した治療計画をお伝えし、患者さんとしっかり話し合った上でお決めいただくというシステムを取り入れています。
今回の学会ではそのシステムや他のスタッフとの連携を事例を挙げて紹介しました。
私たちの医院の強み、それは患者さんの思いをしっかりと把握したうえで、ドクターをはじめ他のスタッフ全員での細かい連携にあると思っています。その積み重ねが、一度治療した所がいつまでも変わらず継続できるという永続性につながることも、今まで治療された患者さんが実証してくださっています。
今回、4人の衛生士で発表する機会を得ることができ、各自が漠然と考えていたことが医院全体での一つの思いとして認識できたことがとても収穫でした。そして今後私もコーディネーターとしてさらに課題をもって患者さんと向き合っていきたいと思います。

平成24年12月14日
クリニカルコーディネーター 大西俊子

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.19更新

 名古屋国際会議場で開催されたJIADS総会・学術大会に参加させていただきました。
 今回、衛生士セクションでのプレゼンの機会も与えて頂き、無事に発表を終えることが出来ました。
発表内容は一人の患者さんの症例を通して、吉川デンタルクリニックの医院システムをリレー形式で発表するということが決まり、9月から準備を始めて約3ヶ月間、衛生士の3人とコーディネーター、院長先生の5人で診療後に残って話し合いを重ね、院内ミーティングでリハーサル、発表ギリギリまでスライドの修正をして当日を迎えました。当日は、アシスタントの皆さんも発表を聴きに来てくださり、リハーサルの時よりだいぶ良かったし一番良かったと言ってもらえて嬉しかったです。発表を終えたときの達成感はとても大きく、いい経験になりました。また、ご自身の講演や学会参加で忙しい中、とても親身になってアドバイスをくださり、テーマ決めの段階から一緒に準備してくださった院長先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
 発表準備をしていく中で、患者さんお一人を治療のゴールに導き、メンテナンスに継続して来院していただくためには、よくコミュニケーションをとり、スタッフ間での連携も密にし、チームワークを大切にして仕事をする。それによって、患者さんの要望やお気持ちに沿って治療を進めていくことができますし、結果を出すことが出来るのだと再認識できました。これから、チーム力を大切にして頑張っていきたいです。


平成24年12月16日
歯科衛生士 福嶋ひろ美

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2012.12.14更新

去る12/1,2名古屋にて第19回JIADS総会・学術大会に発表者として参加した。
1日の午後から衛生士セッションで、当院は衛生士4名(内1人はコーディネーター)によるリレー形式のプレゼンをし、
おかげさまで聴いて下さった先生や衛生士の方から高い評価を頂いた。

今回は吉川デンタルクリニックの診療システムを発表して欲しいというご依頼を頂戴したので、1人の患者さまを通じて
当院の理念・診療方針から具体的な治療・メインテナンスの流れ、そして衛生士それぞれの想いを込めた内容に練り上げた。

9月から担当するセクションの内容を構築し、ある程度出来たら皆で集まって朝も夜もディスカッションを繰り返し...
日々の診療でも多くの考え事やすることがある中、本当に完成するのか?と不安にもなりつつ皆で励ましあいながら完成させた。
プレゼンの内容でもチームプレーや何気ないことの大切さを訴求したが、プレゼン作成自体もまさにその通りだと痛感した。
寝不足で体調も崩しながらであったが、Never Give Up!!の精神で最後まで良いプレゼンにしたい!と頑張って良かった。

2日目の会員の先生方の発表を拝聴する際も、内容の他にプレゼンの"魅せ方"に注目するようになり、また1つ新たな目線が増えた。
学会で発表したことによって、もっとたくさん勉強したい、スキルアップしたい、患者さまに還元したいなどの思いがフツフツと沸いてきた。

昨日より今日、今日より明日の精神で、日々精進して参りたい所存である。

平成24年12月14日
歯科衛生士 福島 花明

投稿者: 吉川デンタルクリニック

前へ