2013.12.29更新

今回JIADS総会に参加させて頂いて、改めて感じたことがたくさんありました。
最終目標である永続性に繋げるためには、コミュニケーションを密に取ること、患者さんのモチベーションの向上の不可欠さ、そしてチーム医療が必須だということを改めて感じました。
また、院長が講演の中で永続性のために大切にしていることは、まず基本をひとつひとつ丁寧にしていくことと言われていました。私自身、もう一度初心に戻り基本を見直していきたいと思います。
患者さんが満足して頂けるように、日々の臨床をひとつひとつ丁寧に行っていきたいと思いました。

平成25年12月29日
歯科衛生士 杉本茉矢

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2013.12.28更新

12月7日に東京で開催された「JIADS総会・学術大会」に参加させて頂きました。
このような学会に参加させて頂き他院の先生の症例を知ることがでる機会となりました。また、臨床だけではなく、人に伝える難しさを感じました。
発表によって難しかったり、聞きやすかったり、わかりやすかったりと様々でした。
やはり、当院の院長の発表が聞きやすく知っている症例もありわかりやすかったです。普段の診療とはまた別の院長の活動を知ることができとてもよかったです。
今後もより患者様に満足して治療を受けて頂けるよう永続性に繋げる院長の診療方針のもと、スタッフの一員として周りがみえスムーズな、アシスタントができるよう心掛けていきたいです。

 平成25年12月28日
歯科助手 藤尾沙樹

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2013.12.25更新

昨年初の発表をさせて頂いたJIADS総会に今回は聴講者として参加した。
しかし、一度発表をした身になると発表内容だけではなく、プレゼンテーションの仕方、構成、スライドのデザインなど着眼点が多岐にわたる。
今回衛生士セッションを拝聴して一番強く思ったことは、基本事項の鍛錬をもっとストイックに行わなければならないことである。口腔内写真撮影、歯周基本検査やPCR然り、もっと良くしたいという思いはあるが時に甘えがあったのではなかろうかと自問した。正確な診査に基づき歯科医師が診断し、適切な処置を施す。その始まりである診査の精度を途切れることなく追い求めたい。
また、この総会だけで感じたことではないが、衛生士力とは、人間力とは何かと考えると「人を惹きつける魂の力」、「情報発信力」、「寄り添い力」ではなかろうかと思う。技と心を常に整えて日々真摯に患者さんと向き合いたい。

平成25年12月25日
歯科衛生士 福島花明

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2013.12.09更新

インプラント・審美歯科なら、京都市の吉川デンタルクリニックへ♪

こんにちは、歯科医師の白江です。
月日が経つのは本当に早いもので2013年も師走、あと少しになりましたね。今年は皆さんにとってどんな1年でしたでしょうか。

今年は参加しているNGSC(New Generation Study Club)という勉強会の発表が1月と9月にあり、5月からは3ヶ月間東京で歯周病のセミナーを受けたのを皮切りに11月までインプラント、歯周病、義歯、根管治療など実に様々なセミナーを受講しました。セミナー会場も東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡と全国各地にわたり、休日返上で勉強をしてきました。今は知識が増え、頭でっかちで正直消化不良の部分もありますが、徐々にセミナーで得た知識と技術を自分のものにしていきたいと思います。それを患者さんに還元することが歯科医師しての自分の使命だと思います。

あるセミナーの講師の先生から、
「知識は持っていることが重要ではなく、増やすことが重要だ」
という言葉をいただきました。歯科医師は患者さんに常に不可逆的な変化をもたらす、実に責任の重い仕事であり、責任を伴うからには常に知識を増やし、技術を研鑽し、相当の覚悟で仕事にあたらければいけないと思います。今年1年セミナーを受けたことで知識を増やし続ける必要性を感じたと同時に、その覚悟を決める自分にとって大きな意味のある1年になりました。

今年も1年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。


2013.12.9 Dr.Shirae  

投稿者: 吉川デンタルクリニック