2015.10.13更新

吉川デンタルクリニックでは、歯科用CTを導入しています。
正式名称は、歯科用CTスキャンといいます。
以前、こちらのブログでも書かせていただきましたが、歯科用CTを導入している歯科クリニックは、日本では数パーセントしか存在しないといわれています。
患者様の中に「歯科用CTって、あの大学病院とかにあるやつ?」とおっしゃる方がいますが、まだまだその感覚範疇の存在なのかなとも感じます。

【歯科用CTの必要性】

では、大学病院や総合病院などの大きな病院にさえ、歯科用CTがあればよいレベルなのかという話になっていくと思うのですが、吉川デンタルクリニックが導入しているという事実からもお分かりいただけるように、私達はそうではないと考えています。

まず単純明快なことでありますが、痛みを伴う症状がある場合、それをすぐにでも治療したいわけです。
しかし歯科用CTがない場合、その治療が親知らずの抜歯など、歯科用CTの検査結果が必要なものとなってしまいますと、その抜歯治療を行うために、歯科医師が紹介状を用意し、日を改めて大きな病院に出向き、CT検査をしてきていただかなければなりません。
その結果が出るのに、また時間がかかりますから、「いったい治療はいつできるの!」と患者様は痛みと戦いながら、イライラした日々を過ごさなければならなくなるのです。

このような状況は、歯科医師としても耐えられません。
少しでも円滑にそして迅速に、的確な治療を行うため、そして患者様にご面倒な思いをさせることをしないためにも、歯科用CTがクリニックに完備されているということが、理想となってくるのです。

また、インプラント治療において、歯科用CTはなくてはならない存在です。
レントゲンの撮影による事前検査では、分からない範囲が多すぎるためです。
つまり当クリニックのように、インプラント治療を行っているところには、歯科用CTはとても重要な存在なのです。

CT

【CTのメリット】

レントゲン撮影ですと、2次元の撮影しかできません。
骨の状況などの細部も分かりませんが、歯科用CTであれば3次元の撮影が可能で、立体的な撮影結果による精密な診断が可能です。
つまり、患者様に正確で安全な治療をご提供できます。

 

【通常のレントゲンとの違い】

CTのメリットと重複する部分ですが、レントゲン撮影ですと、二次元の撮影しかできないので、平面撮影結果を元に、診断そして治療を行わなければなりませんでした。
しかし歯科用CTによって、3次元の撮影が可能で、立体的な撮影結果による精密な診断を行うことができるようになりました。
これだけでも歯科用CTのメリットは大きいのですが、これ以上に効果を発揮しているのが、レントゲンの撮影では判断できなかった骨の高さや形、そしてその人の骨の質など、細かい部分まで映写できるようになり、安全な治療を可能としました。

 

【どのような診断・治療に適しているか】

歯科用CTの検査の必要性が一番高いものは、インプラント治療でしょう。
インプラントの治療を行う上で、レントゲンでは分からない顎骨の状況や、神経や血管位置を理解する必要があります。
歯科用CTを使うことで、これらを把握できます。

親知らずの抜歯や、歯の下に歯が生えてきてしまっていて、痛みを伴っているケースなどでも、歯科用CTが活躍します。

 

【歯科用CTによる被ばく量について】

歯科用CTと聞くと、被ばく量を気にされる患者様がいます。
歯科用CT検査の放射線の量は、約0.1ミリシーベルトです。
これは他のものに例えるなら、東京からニューヨークを飛行機で往復するよりも、はるかに少ない数値です。

歯科用CTを使って検査をする必要性がない治療なのに、闇雲に歯科用CTの検査を受ける必要はありません。
それは少なからず、被爆するからです。
しかし、その被爆量はほんのわずかですから、逆に歯科用CTの検査の必要性が高い治療の場合は、しっかりCT検査を受けていただきたいと思います。

投稿者: 吉川デンタルクリニック

2015.10.01更新

10月に入りました。例年ですと、まだまだ暑い季節ではありますが、今年は天気が悪い日が続いたと思ったら、なんだか涼しくなってしまいました。
残暑らしい残暑は感じませんでした。

そう思っていた矢先、先月発生した台風18号の低気圧の影響による鬼怒川の決壊のニュースには、遠方ではありますが、吉川デンタルクリニックのスタッフメンバーも、心を痛めました。
多くのものが、東日本大震災の時の津波を思い出しました。
現地の状況や、水害に見舞われた方のことを思うと、辛い気持ちでいっぱいです。
できるだけ早く復興することを願っております。


さて今日は、あらためてという感じもあるのですが、吉川デンタルクリニックの特徴について、ご紹介させていただきたいと思います。

【最新設備を導入しています】

よく、歯科用CTを導入しているとお話しすると、「当たり前でしょ」とおっしゃる患者様も多いのですが、歯科用CTを導入している歯科クリニックは、正確な数字こそ分かりませんが、実は数パーセントといわれています。
私の体感的には全国的に見ても、まだ5パーセント程度ではないでしょうか?

CT

歯科用CT同様、導入率が低いマイクロスコープも当クリニックは導入済みです。
こちらは、機材の価格が高額というのもあるのですが、それと並行してマイクロスコープに対する歯科医師の腕不足も、普及率の悪さに繋がっているといわれています。
マイクロスコープを活用した治療は、患者様のためにも有効なものなので、当クリニックではいち早く取り入れております。

マイクロスコープ

これ以外にも、歯科ユニット給水管内除菌システムの「ポセイドン」など、患者様に最新で安心安全な治療をお届けするための設備を整えております。

【チーム歯科治療を行っております】

患者様の多くが、歯科クリニックに対して、あまり良い印象をお持ちではありません。
そしてそれと同時に、医療=医師の腕と思われている傾向があります。

実は医療に関しては、医師だけの腕で成り立つものではありません。
歯科に関してもそれは同じで、たとえ歯科医師の腕が素晴らしくても、それ以外のスタッフが優れていなければ、患者様に最高の歯科医療を提供することは不可能です。

そして、歯科クリニックに対する印象も同じです。
歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付、技工士、クリニカルコーディネーターが、お一人の患者様を見つめ治療をしていれば、もっと患者様に前向きな印象で、歯科クリニックというものを捉えていただけるはずと、私達は考えます。

患部のことだけでなく予防のこと、そして毎日の自宅でのデンタルケアのことを担当しているものだけが把握するのではなく、チーム一丸となって把握し患者様のケアに従事すること。
更にはそれに付随する、患者様の性格や生活習慣、お仕事のことなども会話の中でキャッチし、治療やPMTCなどに反映していくスタイルが、吉川デンタルクリニック流です。

 

【インプラント・セラミック10年完全保証】

インプラント治療や、セラミックを使った審美治療、今の歯科業界では当たり前ですし、患者様にとってのメリットも大きいだけに、多くの患者様におすすめしたい治療でもあります。
しかし保険適応外の治療だけに、患者様にご負担いただく金額も高額です。

高額な治療費をかけて治療したものに、翌日から何の保証もないなんて、私でしたら不安でなりません。
そのような想いから、当クリニックでは1983年の開業時から「10年完全保証」をご用意しています。

保証を設けているからこそ、クリニックとしても、きちんとした10年安心してお使いいただける治療・施術を行っていく覚悟を持って日々精進しております。
その志の結果、10年以内の再治療となったケースはほとんどありません。


【世界的に有名な技工士と提携しております】

先にお話しましたとおり、吉川デンタルクリニックでは、インプラント・セラミッの10年完全保証をご用意しています。
これを実現するには、技術を持った歯科医師も必要ですが、その装着する人工歯、義歯などの技工物が、確かなものでなければはじまりません。
吉川デンタルクリニックでは、世界でもトップレベルの技術、再現力を持つ複数の技工士のつくりあげる技工物を患者様に提供し、安心して笑顔を見せられる日々をご提供しております。

 


投稿者: 吉川デンタルクリニック