2016.04.04更新

インプラントの治療は保険適応外です。
一般的に虫歯や歯周病で歯を失った場合のインプラント治療は、すべて自由診療になります。

つまり、決して安価なものではありません。
インプラントではなく、入れ歯やブリッジなどの保険適応の治療を選択する手段もあります。
しかしすべての患者様が、保険適応の治療満足していただける内容かといわれれば、歯科の場合、かなり無理があります。
インプラントは確かに保険適応外になる症例が大半ですが、それでもインプラントのすばらしさから、インプラント治療を希望される患者様が急増しています。

その気持ちは私たちも同じ。
インプラントは、限りなく自然歯に近いクオリティなので、患者様の今後の生活を考えると是非、インプラントを前向きに考えていただきたいなと感じる症例はたくさんございます。

 

【インプラントが保険適応になる可能性は?】

歯科医師としても、インプラント治療が保険で行えるようになることを、願わずにはおりません。
そうすれば高額な治療費を気にせず、患者様にインプラントを検討していただけますし、私どもも、もっと気軽におすすめできるようになります。
しかし、入れ歯やブリッジと比較すると、治療時間もコストの面もかかってしまうインプラント治療なので、現実問題は、かなり可能性が低いといえると思います。

 

【なぜ10年完全保証を行うのか】

それはズバリ、今上記で書かせていただいたことがきっかけとなっています。
インプラントはとてもすばらしい治療法で、多くの患者様に検討していただきたいものです。

しかし何度も繰り返しになりますが、インプラントは安い治療ではありません。
となれば、それなりの決意と費用をかけて、患者様は治療に臨んでくださるわけです。
私たち吉川デンタルクリニックが患者様におこたえできること、それは確かな技術と確かな技巧物のご提供です。

その証として、10年完全保証があります。
保証があることで、私たちもしっかりとした治療を行わなければという意識を常に持っておりますし、技工士もクオリティの高い技巧物をつくろうと、まい進します。
そして何より患者様に、安心して治療を検討していただけると思うのです。

 

【「10年完全保証」の内容】

一言で言ってしまいますと、しっかりと使用をしていただき、メンテナンスもきちんと受けていただいている患者様に対する保証で、その状況においても、インプラントが10年以内に破損、脱落、不適合となってしまったというような事態が発生した際、完全に無償で再治療を行いますというものです。

ここで注意していただきたいのが、「しっかりと使用・メンテナンスをきちんと受ける」ということは具体的にはどういうことなのかという話です。
当クリニックのホームページに書かれている内容を、下記に記します。

• 患者様の不注意や不慮の事故等、当院の責任下にない場合
• 予期し得ない口腔状態への変化によるものである場合
• 当院の指示通りのご使用方法、メンテナンス方法に従っていただけなかった場合
• 半年に1回の検診を受けていただけなかった場合
• ナイトガード装着の指示があったにもかかわらず、指示通りに従っていただけなかった場合

このような場合、保証できない可能性がありますと、ホームページ上で書かせていただいております。
つまりは、このようなことがないように、日々普通に生活していただければ、保証はきちんとさせていただきますので、ご安心いただければと思います。

保証書

もしご質問などございましたら、当クリニックにはクリニカルコーディネーターが在籍しておりますので、何でもご相談ください。
インプラント治療のこと、そしてそれにかかる費用のこと、更には10年完全保証について、分かりやすく丁寧にご説明させていただきます。

投稿者: 吉川デンタルクリニック