2016.05.10更新

当クリニックでも多くの患者様が、インプラント治療をお受けいただいております。
本日は、そのインプラント治療について、分かりやすく症例を交えてお話をしていきたいと思います。

【インプラントとは】

インプラントとは、分かりやすく日本語で言いますと、「人口歯根」です。
正式名称を「デンタルインプラント」といいます。
つまり、人工的な歯の根っこです。

今現在行われているインプラント治療が、ここまで主流となるまでは、歯を失ってしまった場合、入れ歯かブリッジという方法で治療を行ってきました。

実はこのインプラント、私が大学を卒業した時代から存在しました。
しかしその時代のインプラント治療は、今は行われていない旧式のインプラント治療でした。
今は、長期的に壊れない優れた製品が、世界的に登場しています。
また、インプラントの学会でも、どんどん新しいものが発表され、どのような治療を進めていけばよいのかという、コンセンサスも行われ、画期的な治療として注目されています。

インプラントは、人口歯根を簡単な口腔外科手術で骨に埋め込んでいきます。
簡単な手術ではありますが、人工的なものであることには違いありません。
慎重に行っていく必要があります。

 

【院長の私も、インプラント治療経験者です】

実は、私の左上の第一大臼歯もインプラントなのです。
私は昔から歯ぎしりがひどくて、10代の時に一本だけ神経をとった歯があります。
気が付いた時には、歯と根っこが割れて、自然歯として残せなくなってしまいました。

この歯を抜歯して、前の歯と奥の歯にかけてブリッジをするという選択肢もありました。
しかしそれを行うと、両隣の歯に負担がかかってしまいます。
そこで、信頼できる先生にお願いしてインプラント治療をしました。
そして夜は、歯ぎしり対策で今は、ナイトガードをしています。
自身でやってみたからこそ言える、インプラントの快適さ!
私だって、インプラントは人口のものだから・・・と、噛みごたえなど不安でした。
しかし実際に今は、自分の歯と同化して、しっかり噛めています。

 

【症例1】

10年ほど前に、外傷で歯が抜けてしまった患者様からのご相談でした。
その外傷時に、ある方から「抜けてしまった歯をそのまま持って行くと、歯医者さんで戻してくれる」といわれて、治療を受けたそうです。
しかし、実際にはタイムラグが生じてしまい、歯根膜が死んでしまっていました。
その結果、元に戻したのですが10年が経過し、歯根が歯茎から丸見えの状態になってしまっていました。

このケースは確かに、タイムラグがなく上手くいけば、そのまま抜け落ちた歯がついてくれることもあります。
しかし時間が経過して歯根膜が死んでしまうと、くっつかないのです。

こちらの患者様の場合、サイドを隣の歯と接着剤で留めているので、歯が落ちてはきていませんでしたが、接着剤を取ってしまうと、ポロット落ちてしまうという状況でした。
それだけならよかったのですが、歯根膜が死んでいる、つまり身体にとっては「異物」にあたるものを埋め込まれている状況でしたので、身体は異物を排除しようとしてその結果、その周囲の骨や歯茎まで、吸収されて欠損してしまっていました。
つまり、歯根膜が死んでしまっている歯に関しては取るだけでよいとしても、その周りの歯茎と骨を失ってしまったという過酷な状況です。

この患者様に、インプラントを実施することを決めました。
ちなみにこのケースの場合、ブリッジという選択肢もあります。
しかしそうすると、その両隣の虫歯にもなっていない健康な歯を削らなければなりません。
360度二本の歯を削る上、本来三本である歯を二本で支えなければならなくなるので、両隣の歯に、1.5倍の負荷がかかってしまいます。
そのため、インプラントがベストという方向性になりました。

インプラントは、人口の根っこを手術で骨に埋め込んでいくのですが、この患者様の場合、歯茎と骨が吸収されて欠損してしまっているので、それを形成することから行いました。
それが完了後、インプラント手術を行います。
その後、スーパーストラクチャーという上部構造をインプラントにつけていきました。

 

【症例2】

すでに、自然歯を失っている部分が多い患者様のご相談でした。
右上、左下部分の歯が数本なく、みためからしてインプラント治療を行う部分が大変多い状況でした。

この患者様は今までの生活では、入れ歯を使って過ごされていました。
しかし保険適応の入れ歯で、なかなかしっかりと噛むことができないというお悩みがありました。
さらには前歯の方に負担がかかっている状況となってしまい、フレアーアウトと言って、前歯に隙間ができてしまっていました。
また、残っている自然歯も虫歯が多く、さらには歯周病も進んいらっしゃいました。

そのようなわけで、たくさんの歯を抜かなければなりませんでした。
最終的には、下の歯は七本残せましたが、上の歯は三本しか残せませんでした。
この患者様の場合は歯の欠損本数が多く、ブリッジという選択肢はないので、インプラントを行いました。
結果的には、審美的にも機能的にも優れた仕上がりとなりました。

投稿者: 吉川デンタルクリニック